2017年11月13日

巻き込まれる

犬同士の絆って人が想像するより強いのかもしれない
わたしの実家には二匹の犬がいる。
茶色いの(二歳三か月)と白いの(七か月)とで、白いのが我が家にやって来たのは今年の初夏だった。

かれこれ半年近く一緒に過ごしている二匹なのだが、とてもじゃないが「抜群の相性」と表現することができないでいた。
寝床で二匹寄り添って寝ることだけ通渠公司を「抜群の相性」と呼ぶならば…だけれども。
おっとりした甘えん坊な茶色いのと、年相応にやんちゃでいたずら好きな白いのの組み合わせなので、事あるごとにちょっかいを出しては追いかけっこをしているのである。

「トムとジェリー状態」と言えば微笑ましい風景を想像する方がいるのだろうが、実際はかなりスリリングな追いかけっこである。
ソファに駆け上がったかと思ったら床で寝っ転が通渠っている家族の腹へ飛び移るので、巻き込まれる人間はたまったものではない。
勢いよくみぞおちや股間(!)に飛び移られたときは、ガチで悶絶ものだ σ(^◇^;)


そんな関係性の判りにくい二匹なんだけれども、わたしは二匹の絆を実感する出来事に何度か遭遇している。

たとえばある日、白いのをトリミングに連れて行くことになった。
キャリバッグに入れて準備万端、外に連れ出そうとしたときに事件は起きた。

茶色いのがキャリバッグの周りで騒ぐのである。
キャリバッグを開けようとカリカリひっかき日本樓 按揭、切ないうなり声を上げてはキャリバッグの持ち出しを阻止する。
「(白いのを)どこにも連れて行かないで!」と、全身全霊で必死の懇願をしているかのようだった。
結局は茶色いのをどうにか引き剥がし、白いのをトリミングに連れて行ったのだが、この出来事によって、茶色いのが白いのを家族の一員として認めていたことが判った。

それ以来、茶色い犬の目の前で白いのをキャリバッグに入れることは控えている。
白いのをトリミングに連れて行くときは、事前に茶色いのを散歩に連れ出す等、涙ぐましい努力をしているのだ (笑)

もうひとつの出来事はつい昨日のこと。
ちょうど実家に帰っていたわたしが、茶色いのを散歩に連れ出したのだ。
そのとき家には誰も人がいなかったため、必然的に白いのが一匹で留守番をすることになる。
30分ほど茶色いのとお散歩を楽しんでから実家に戻った。

ドアの前に立った瞬間、犬の遠吠えがドアの外まで響いてきた。
茶色いのとわたしが帰宅したのを察知した白いのが、全力で騒いでいるのだ。
今まで聴いたことのないような声で白いのが吠えている。
おそらく人語に訳すと「(茶色いの)早く帰ってきて~~!」と叫んでいるのだろう。
※わたしゃ犬のリアル遠吠えをはじめて聴きましたよ σ(^◇^;)

その勢いで完全に気圧されてしまった茶色いのが、オシッコをまき散らしながら家中を駆け回る。
白いのは脱糞した上に食糞し、ウンチを踏み荒らして走り回っている。
ひとり呆然と立ち尽くすわたし σ(^◇^;)

部屋を掃除し、二匹が落ち着くまで30分ほどを要したのだが、しばらくして彼らは恒例の追いかけっこを再開した。
たぶん彼らは、人間が想像する以上に強い絆で結ばれているんだろうと思う。




Posted by cathyhua  at 12:41 │Comments(0)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。