2017年12月26日

人と人の間と書く

寒椿の葉の上にスケルトンとなって葉っぱが落ちていました。これを見ているだけで色々な想いが浮かんできます。

 スケルトンというとがい骨を想い出します。それは人体のがい骨です。がい骨というと学校の理科室をイメージしたり外国の怪談が浮かんできます。当時小学校の雙眼皮手術理科室にはよくその模型がありました。今、想えば36年間もよく小学校の教師をやっていたなと想います。その間、社会と家庭以外の主任は殆どやって来ました。算数、国語、理科、音楽、図工、書写、道徳、体育、特殊教育、外国籍、情報教育主任とこれだけの事をやらせて頂き、良い経験でした。

 小学校の良さは総合的に教科を扱うことです。そして、子どもをそのことを通して総合的に看取ることです。広く浅くというか、まあそんなことですが、その本質をつかむ事が大切です。物事の本質こそ、格なのです。だから、人格であり、格調、風格、品格につながって行くのです。最近はこのような言葉があまり言われないのが残念です。人間が薄っぺらくなったのかもしれません。表面的なことにこだわり過ぎている風潮も危惧し手います。

 物事には本質があるのです。そこから波状してくることには間違いは少ないのです。本質を忘れた時から間違いが始まるのです。いわゆるボタンの掛け違いでしょうか大便 出血。その掛け違いにいち早く気付が良いのですが、自分に不利益が降りかかって来て気づく人があまりにも多いのは残念です。いわゆる天に唾することです。ついつい奢りが出てしまった等の反省点です。恋は盲目とい言葉がありますが、奢りは盲目です。いつでも謙虚でなければいけません。いつでも人は人間でありどこかとつながっているのです。だから、人と人の間と書くのです。昔の言葉はこうやって考えて来ると含蓄があります。

 「儲ける」は信ずるものが集まるイメージですし、「稼ぐ」という言葉には、「家」に「禾」、すなわち、愛する家族にかてをもたらす光景をイメージできます。「親」は高い木の通渠佬上に立ちよく見ることです。「忙しい」も、心を亡くすとかくからおもしろいですね。

 今回、こんな物を自然の中で見つけました。葉っぱがスケルトンになっていたのです。肉体が滅びるとまず、こうなってしまうのかと想いました。自然は無情といえば無情です。なるべくしてなり、起こるべくして起こっているのですから。

 そこには、在りし日の葉っぱの面影はありません。自然界とはまさに新陳代謝が常に行われているこのような諸行無常の世界です。生老病死が耐えず行われ、その中でも新し命に引き継がれて行きます。

 私は趣味の一つとして園芸や野菜作りもしていますが、野菜を育てていると一年と言う短いサイクルで次々と新陳代謝が行われ野菜が生長し、変化していきます。このサイクルの中に何ともいえない喜びを感じています。

 青々として白菜の芽を見ているだけで幸せを感じます。ネギの色の鮮やかさに感心もします。ネギの色は日本語で浅黄色ともいい、その緑の色は単に緑とだけで言い表せません。やはりネギの色は緑なんですが、浅黄色が一番似合います。まさにアナログの世界です。また、白ネギの白さもその中に生命が宿っていると想うとその白さは何と表現したらいいのでしょう。私たちは毎日その命をいただいているのです。思わず掌を合わせたくもなるでしょう。食事の時の合掌です。ネギの意識してそうなっているのでなく、ただ、命をつないでいるだけなのです。諸々の物をよく見ていると、自然界は実にうまくできているなと感心することしきりです。自然界にはあるべくしてあるものしかなく、いわゆる余分な贅肉が無いのです。だから自然なのです。懐もとてつもなく広いのです。すべてを飲み込んでしまいます。だから、今、自然は畏敬の対象となるのです。

 昔、美しき天然という曲がよく流れていました。それも、どこか、人間の自然への回避があったからでしょう。私の中ではサーカスのテーマ曲であり、私がエレックトーンで最初の頃引いたハ短調の曲でもあります。自然を尊重する態度は共感や協調につながって来ます。私たちも、自然をよく見て学習し、自然と協調することをもっと学んで欲しいと想います。文明の発達は自然への畏敬の念を助長するものであって、自然の破壊につながってはいけません。今の人間に欠けているのが、この感謝、思いやり、畏敬の念です。魂の浄化という面にもっと目を向けて行かないと行けないです。

 私たちは事実を多方面から考察する術と持っています。これを見ても何も想わない人もいるでしょう。ここから、自然の儚さに想いをはせる人もいるでしょう。時の流れの一瞬を感じ取る人もいると想います。想いは無限です。生きている限り私たちはこの想いに従って生きています。

 私はこれを見て自然は日々流転していて、変化こそ、この世の真理だと想います。同じことは何時までも続きませんし、時間の中で変化していきます。どんなに暗い闇夜もいつかは暁の空に変わっていきます。何事も、固定的に考えずに自然の声に耳を傾けるようにしていると自然がささやいて私たちに次の生き方を教えてくれます。



Posted by cathyhua  at 18:43 │Comments(0)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。